BARRACUDA BOLT各部名称

howtouse_01,02

本体ボルトとナットは必ず出荷時のセットにて

ご使用ください。

※同じバラクーダボルトでも他のものを使用すると

矢印位置がズレる等、不具合が生じます。

BARRACUDA BOLT使用方法【取り付け編】

howtouse_01,02

1.本体ボルトをフィンに取り付ける

本体ボルトとナットが完全に締まるところまで締め込みます。
普通に手の力だけで締めてください。
(力いっぱい締める必要はありません。またペンチ等の工具を使用して
締めないでください。ボルトの破損や矢印位置が変わる恐れがあります)
ゆるい場合はボルト脱落、フィン脱落のおそれがあるので注意してください。

2.バネにテンションをかける

取り付けた状態でバネにテンションがかかっていない(バネがガタカタする)
場合は、バネ締め込みナットを右に回しバネにテンションをかけます。
(すでにテンションがかかりバネがガタカタしない場合は次の手順へ→)

※フィンの個体差がありますので都度ご確認ください。

howtouse_03

3.フィンボックスに挿入する

ナットを縦向きにして挿入します。
このとき頭部の矢印は横を向いた状態です。

※矢印の向きは出荷前検査時に確認しております。(多少の誤差有)
ナットとボルトはセットですので他のものを使用しないでください。
同じバラクーダボルトでも他のものを使用すると矢印の位置がズレます。

howtouse_04

4.BARRACUDA BOLTをセットする

本体ボルトの頭をつまみ、下方向に押し付けながら右に90°回転させます。
頭部の矢印は縦を向いた状態になります。

※必ず右に回してください。左に回すとナットが外れてしまいます。

howtouse_04

5.取り付けの確認

ナットが横を向き、ナットの両端がフィンボックスの横溝にはまっているか確認してください。

7.締めこむ

フィンのガタツキをなくすため、バネ締め込みナットを右に回して締め込みます。
バネにテンションがかかっていれば締め込む必要はほとんどありません。お好みで調整してください。

・締め過ぎはボルトやフィンの破損につながる恐れがあるのでご注意ください。
・締め込みナットを締めすぎると取り外す際に外しにくくなりますのでご注意ください。

5.Finish&Let'sGoSurfing!

BARRACUDA BOLT使用方法【取り外し編】

1.バネのテンションを緩める

バネ締め込みナットを左に回してバネのテンションを緩めます。
この時、本体ボルトは回さないように注意してください。
(ナットが外れてしまいます)

howtouse_01,02

2.BARRACUDA BOLTをリリースする

本体ボルトの頭をつまみ、下に押し付けながら右に90°回転させます。
ナットがフィンボックスの横溝から外れて縦向きになります。
※必ず右に回してください。ナットが外れてしまいます。

3.取り外す

フィンボックスからフィンを外し、ナットを緩めてBARRACUDA BOLTを外してください。
保管の際はよく水洗いしサビにご注意ください。

使用上の注意

確実にロックする

サーフィン時には、BARRACUDA BOLTを確実なロック状態でご使用ください。
バネ締め込みナットが緩く、ロック状態が不完全な場合、フィン・BARRACUDA BOLT脱落の恐れがあります。

購入時のセットで使う

BARRACUDA BOLTは生産工程上、ボルトとナットが組になっています。
別のBARRACUDA BOLTには使用出来ませんので、パーツの紛失にはご注意ください。
(矢印の向きが変わってしまいます)

使用後は洗う

上質なステンレスを使用していますが、使用条件によっては錆びる可能性があります。
使用後は必ず真水で洗い、十分に乾燥させてください。

使用できない可能性もあります

フィン・フィンボックスには個体差があるため、平均値にて各部寸法を
開発しました。ごく一部使用できないフィンもありますので
ご注意ください。
※センターフィンにφ5.5mm以上の穴が開いているフィンで、フィンボックスからはみ出さない高さのフィンに適合します。